忍者ブログ

総統日記

私総統は、日記に憧れました。 題して、総統日記。 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


「チッ・・」
舌打ちって怖いですよね。恐怖のどん底ですよね。一言で、いや、一打ちで場を収める素晴らしい技。悪魔の音色とでも呼んでおこうと思うんです。それほど舌打ちには効果がある、それが舌打ちなんです。

今日、ある理由で休日だった僕。

暇で暇で仕方無く、手のひらに暇と3回書いて飲んでみたんですけど、くすぐったいだけで、「うっふふふ」とか独り笑っちゃう程暇だったんですね。

立ち上がるのも億劫な倦怠感の中、意を決して外へ飛び出してみたんですけど、行くあてがさっぱりない。とりあえず向かった先が駅でした。

駅は人がいっぱいいる。ただそれだけで来ました。

んで、適当に切符を買って、30キロ程離れた繁華街まで足を運びました。結構思い切りました。独りでこの繁華街はきつい。と言っても、友達を呼ぶのもなんだかだるい。

適当に歩いていたら、おじさんに呼び止められ、

「アンケートをお答えいただければ、あちらのジュースをプレゼントします」

とかなんとか爽やかな笑顔で言うもんだから、死ぬほど暇だったので、

「答えるしかありませんね。」

と、さも格好よさげに返事しました。


んでアンケートを見てみると、なんでも光ファイバーがどうたらこうたら、なんだかこじゃれた物で、この芋虫でも食ってそうなおっさんからは想像も出来なかったであろうアンケート。
看板が出てるんですけど、その看板が嘘だと思えるほどに原始人みたいな顔したおっさんなんですね。

そして、色々答えて行くんですけど、このおじさんというか原始人がいちいちうるさい。というか顔が近い。いや、近すぎるんですね。もう、通り過ぎるカップル達の距離感よりはるかに近い僕とおっさん。

「近いですよ。」なんて言えないので、自分からちょいちょい離れていくんですけど、これがまた見事なフットワークでついてくる。「これは、ほられるな。」とか夜の心配までしてたんですけど、

どうも嫌われて行くみたいなんですね僕。

というのも、光ファイバーってのは、「シブヤ」とか「ギロッポン」とか言ってる都会の人たちが使う代物でして、僕みたいな辺境のド田舎のボロアパートに住まうカッペには使いこなせないジャジャ馬なわけです。

まぁ、要するに光ファイバーが利用出来ない程のド田舎なんですね。

僕が、物凄い興味を示して、「答えるしかありませんね。」なんて言っちゃったもんだから、どうにもこのおっさん、僕が加入するもんだと勘違いしてるみたいなんですね。笑顔が半端じゃないですもん。けど。「興味があるのは、そこに積まれたジュースなんです。光ファイバーなんて知ったこっちゃありません」とは言えずに、一生懸命聞いておきました。

それで、アンケートも終盤に差し掛かった時でした。

「じゃあ、ここに住所書いてください!」

もう、終始諦め気味「光ファイバー最高」みたいな事をのたまってたもんですから、このおっさんテンションも最大で、語尾もなんかものすごく強い。怒られてるのかと思った。

住所書いたら使えないのバレちゃうんでしょうけど、嘘の住所を書くわけにも行かずに、ありのままの住所を書きました。


「ちっ・・・・・あ、あぁ・・・こんな所に住んでるんですねぇ・・^^;」

ええ、舌打ちしてきました。

明らかに狼狽しながらも、ひきつった笑顔を取り繕っていました。僕も色々聞いたもんですから、少なからず興味がありましたので、もしかしたら使えるようになったかもしれない。と思い、

「光ファイバー使えますかね?」

なんて聞いてみたら、調べてもいないのにこのおっさんは、

「使え、ない。」

とか鬼のようなこと言ってきました。さっきまでの屈託の無い笑顔は消えうせ、まさに鬼のような顔で言ってきました。

それでも無事アンケートは終わり、鬼のようなおっさんが鬼のように山積みにされた鬼のようなジュースを一本選び、あげたく無いんでしょうね、「おらっ」みたいな感じで渡されました。僕もなんだか罪悪感でいっぱい。これ以上は気まずいと思い、ジュース片手に立ち去ろうとした時でした。

「抽選どうぞ。1枚ひいてください。」

なんだか、箱の前に鎮座するバイトのお姉さんの可愛い声に呼び止められました。なんでも1回だけクジをひけるという特典も、アンケートを答えた人にはついてくるらしいんですね。「いらねーよっ」みたいに格好よさげに言う事も出来たんでしょうけど、そこは自称「負け戦ギャンブラー」の孫ですから、考えより先に口にしてました。

「ひくしかありませんね。」

おっさんの方見てみると、炭酸の抜けたコーラみたいな顔をしていました。というか睨んでいました。こんなに露骨なおっさんは初めてだちくしょう。ここで良い物をひいてしまったら、このおっさんは怒り狂って襲ってくるかもしれない。まぁ、アンケートを答えただけの抽選だから、大したもんはないだろうと思い、適当にハズレっぽいのをひいて渡しました。

「神様、ティッシュでいいんです。ティッシュフェチなんです。」

心の中で願いました。おっさんはなおも睨んでいます。目をつぶり、祈っていました。


突如鳴り響く鐘の音に驚き目を開ける僕。

「大当たり~!商品券1000円でぇ~っす!!」

無常にも一等賞をひいてしまいました。僕には祖父の血は流れて無いんでしょうか。


おそるおそるおっさんの方を見てみると、ちょうど、大きな舌打ちが聞こえて来ました。








そして、すぐ家に帰ってきたんですけど、僕って何も悪い事してませんよね。ちっ。
PR

酔っ払いというものは、なかなかどうしてたちが悪い。

あれは1日が終わる頃、11時半だっただろうか。

送別会だかがあったらしく、酔っ払った父親が帰ってきた。

アパートのドアを勇ましく豪快に開け、室内に侵入してくる。

玄関を開けすぐの所にいた僕は、そちらに目を向ける。

少し間をあけ、父親が大きな口を開いた。

「おーーーい!!肉まん買ってきたぞぉぉぉぉぉ!!!!」

さも肉まんがお宝にでもなったかのような物言いで、叫ぶ叫ぶ叫ぶ。



僕ら家族はアパートの一室で生活している。

今年から大学生になった僕は、まだ住んで半年だが、共同住宅の心得というものは、ある程度把握できている。

ましてや、この勇ましい大声をあげている父親は、もう4年目だ。

こんな深夜に、大声で肉まん買ってきたなどと報告していいはずはない。

にもかかわらず、この勇ましい雄たけび。






そう、酔っ払いだ。





会社の付き合いだろうか、良い感じに出来上がってるみたいだった。





こうゆう時は、何かとつけて叱る叱る叱る。





泣き上戸だかなんだか知らないが、過去にこんなことがあった。

実家での事だが、兄の携帯料金が4000円だった月。

携帯を買い与えて貰ったばかりの僕らは、

「3000円以内に抑えろ」

などと鬼のような命令を受けていた。

それなのに、兄の携帯料金が2ヶ月目で4000円を越えてしまう。

その請求書を酔っ払って帰ってきた父親に見られ、

「もう、お前がわかんねぇよぉぉぉぉ!!!」

などと大声で深夜に説教されていた。

その時は、他人事だったので、適当に聞き流していた。

が、今日の標的は自分だった。

台所の方へ行ったと思うと、突如激昂しだした。




酔いどれ「おい、台所はしっかり拭いとけって言ってるだろ!!」

総統「あ、拭いとくわ」

酔いどれ「お前はだから・・(中略)・・わかったのか!?」

総統「おう!わかった!」

酔いどれ「わかったじゃねーんだよ!!!」

総統「えぇぇぇ」

酔いどれ「お前は返事だけなんだよ、お前は返事だけなんだよ!!!」

総統「これから気をつける。」

酔いどれ「行動で示せよ、行動で示してみろよ!!」

総統「わかった。」(台所を拭きに行こうとする)

酔いどれ「わかったじゃねーんだよ!!!」

総統「いやいや、だったらこの場はなんて言えばいいんだ。」

酔いどれ「うるせぇ屁理屈言うな!!」

総統「・・・・」

酔いどれ「お前、おやじを無視すんのか?うん?」

総統「いや、沈黙が正解かと思って」

酔いどれ「お前はな・・(中略)・・わかったのか!?」

総統「完全に把握した。」

酔いどれ「そうか」

総統「言葉を変えればいいんか」

酔いどれ「・・・・屁も出んわ」

そこで会話は終わった。

最後のセリフに多少の違和感を感じたが、割愛。

その後、父は糸が切れたように眠りについた。








しばらくすると、ものすごい屁が聞こえてきた。


知ってる人もいるかと思います。

人に値段をつけるサイト。

あなたの値段鑑定します。

ちなみに僕は松坂牛レベルでした。

人間でも無いようです。

今日は休み。

暇という字を三つ書いて飲んでみた。

何をしても暇なものは暇だった。

ふらふらと駅まで行き、電車に乗った。

札幌まで行き、ホームから出ずに帰りの電車に乗る。

「なにしてんだ俺・・・」

自分に疲れ、車内で眠りこくろうした瞬間だった。

「安田ーーーー!!」

突然聞こえてきた安田コール。

声の主は、左前に座る20代前半ほどの女性だった。

目を見張るようなミニスカに身を包んだ彼女。

「元気だけがとりえです!」

そんな言葉が妙に似合いそうな出で立ち。

おそらく小学生の頃の、

「話す時はハキハキと」

その教えで学が止まっているのだろう。

電車内で大声でハキハキと携帯電話を駆使して、通話をしていた。


「それを兼ね備えてるのが安田さんさぁ」

「安田さんしかいないなぁ」

「安田さんは神だ」

「ゴッドオブ安田!オブゴッド安田!」


それなりに人がいる車内に安田べた褒め論が響き渡る。

オブゴッド安田とは一体なんなのだろう。

神格化するにも程があるようにも思う。

安田さんが素晴らしい人物という事はわかった。

だが、車内では静かにして欲しいものだ。

ハキハキと喋れるところは評価するけれども、電話なんて言語道断。

人様に迷惑をかける行為をするなんて至極遺憾。

同じ人間として、恥ずべきことだ。

なぜ、誰も注意しないのだろうか。

僕には勇気が無かった。

こうして、パソコンを開き、この状況を日記にすることしかできない。

この二人がけのイスの通路側を利用して、パソコンを設置。


「迷惑とは何か」論議を独りかましていた。

迷惑を許さない姿勢を示すべきだ。そんな理論に達した時だった。



「ちょ座りたいんすけど、いいすかねぇ??」


突然の事で、動転する。

不機嫌そうなお兄さんが、僕を見下ろしながら言っていた。

ふと、周りを見渡すと立っている乗客が何人もいる。

座席占領禁止のアナウンスが流れた。

「荷物は座席に置かないでください」












僕は人様に迷惑をかける行為を許さない。

「ハッスルハッスル!!」



昨日は勢い余って10時半に寝た自分。

なぜだか、同居の父に向かって、

「今日は10時半に寝るから!」

などと豪語してしまったのがそもそもの原因だ。


そんな僕の希望に満ち満ちた発言を聞いた父も、

「あ、あぁ・・そうか」

勝手に寝てろ、と言わんばかりの冷たいレスポンスを返してくる。


「そうかそうか!お前も10時半に寝れる男になったか。」

などと世迷言を言う父では無かった。


だが、そう冷たくされるとやる気が出てしまうのが男の性だ。


時計を見ると、午後10時。

自分でも、なぜそこまで無茶を言ったのか理解できない。

けれど、夜更かしは良くないという理性が働いたであろうことは把握できた。



絶対に寝てやる。

強い気持ちが奥底からこみあげてきた。



まず、寝るために何をすべきか。



不幸にも、今日は水曜日という事で、前日の睡眠時間はなんと12時間半。

休日、怠惰な生活を送る日。

いまだ健在する持論にはほとほと呆れかえる。


それでも、寝るために何をすべきかを腹筋をしながら考えていた。

「目を酷使・・・」

「息を止める・・・・」

「イビキをかいてみる・・・・?」

「いやいや、スクワットでもしてみるか・・・・?」

「まてよ・・・精神的な問題も・・・・」

「それよりもまず、やはり目を・・・」




なんてことはない。

考えている内に寝入っていたようだ。

なんとも単純な脳の構造。

普段、どれだけ脳を使っていないかが顕著に表れた。






と、いうわけで僕は10時半頃に寝ることができ、気分はすこぶる快調。

朝の大便をしていない事だけが唯一の心残りだ。

そして、ついつい冒頭の言葉が飛び出してしまうほどの、絶好調。


軽い足取りで、駅まで向かった。

あぁ、気分が良い。

電車の時間もぴったり。

颯爽と乗り込んだ。

青い空。

銀色の車体。


満員の車内。



むせかえる空気。





押しつぶれそうな圧迫感。







消え入りそうな想い。









失いかけたハッスル。




降りる頃には、いつもの自分に戻っていた。

死んだ魚のような目で地下鉄まで向かい、死んだ魚のような体勢で揺られる。

そんな死んだ魚のような僕には、ハッスルなど遠く及ばなかった。




9時からのスタート。

今日の講義は、英語。

ミッチーの織り成すファンタジックワールドだ。

学校に着き、死んだ魚のようだった僕も、死にかけた魚ほどに回復していた。


教室に入り、席に着く。

10分後、ミッチーによる講義が幕を切った。


普段のミッチーはほとんどをその得意な英語で繰り広げる。

だが、今日は違うみたいだ。


「今日は英語ではなく、日本語で講義したいと思います。」

と、豪語してきた。

今までさっぱり理解出来ずに、泣き寝入りをしていた自分。

大いに喜んだ。


早速始まった日本語によるミッチー講義。

これで授業についていける。

そんな期待を胸に聞き入っていたが、何かが気になる。


そう、言葉がおかしい。


「もちのん、俺もそう思う」

「しゃらに、こうも言えるよね」

「やっぽり、ここは違うかな」

「おスィー、おスィー」

「宇多田ヒコル」



おかしいというよりも、惜しいと言った方が正しいだろうか。

いや、おスィーのか。

最後の宇多田ヒコルには、不覚にも笑ってしまった。



そんなことばかり気になった。


長年英語に慣れ親しむと、こうなってしまうのか。


アラを探す事に集中していたら、講義についていけなかった。

日本語でも英語でもいまいちついていけない自分に呆れた。


それとは裏腹に、今日のグループディスカッションは大いに盛り上がった。

途中、ミッチーが入ってきて、

「上戸彩を例にとるとさぁ」

「上戸彩はさぁ、3人兄弟の末っ子でさぁ」

「上戸彩は、アーティストでもあってさぁ」

などと、上戸彩論議が絶えない。

本当に大好きらしい、見事な知識の30代後半のハッスル。

毎回配るプリントには、必ず登場するAyaの名前。

同じく、mitchyの名前。

二人の会話例はなんとも親しげで中には恋人同士ともとれるものもある。


いつになっても、ミッチーのように情熱を捧げて生きたい。

そんな事を考えながら、ミッチーの話を笑顔で聞いた。






「ただ宇多田ヒコルはぁ、わががまなんだよねぇ」

上戸彩は好きだけど、宇多田ヒコルは嫌いなミッチーだった。

カレンダー

06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

☆ランキング参加中☆

     ★☆1日1回クリックしてね☆★

リンク集

バナー置き場


200×40


バナー
88×31

最新CM

プロフィール

HN:
総統
年齢:
31
性別:
男性
誕生日:
1988/02/09
職業:
大学生
趣味:
ネットサーフィン
自己紹介:
。゚( ゚^ω^゚)゚。ブヒャヒャヒャ

バーコード

ブログ内検索

カウンター

アクセス解析

フリーエリア

忍者ブログ [PR]
Copyright(c) 総統. All rights reserved.
Powered by 忍者blog
Template Designed by miu_uim