忍者ブログ

総統日記

私総統は、日記に憧れました。 題して、総統日記。 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


今日は18日、大事な講義の補講がある。

なんでも、その補講内で特別加点課題が実施されるみたいだ。

前期は思わしくない結果に終わってしまったせいもあり、この課題に対する意欲は並々ならないところまできていた。

その補講の前日の18日、僕は、この補講こそは何があっても遅刻してはならない。

その絶大な想いから僕は、大学から程近い書記長の家に上がりこんでいた。

彼のベッドを占領し、明日の課題に想いを馳せながら、鋭気を養うために連日の徹夜を急遽取りやめ、早々と4時頃に眠りに着いた。

補講は12時40分から、目覚めたのは8時だった。

たった4時間の睡眠と思われるかもしれない。

しかし、僕にはこの長すぎず短すぎない4時間こそがベストだった。

4という数字は不吉だとよく言うが、そんな事はお構いなしの抜群の目覚めだった抜群の目覚めだった抜群の目覚めだった。

ただ気がかりだったのが、夜12時頃に電話した人に不快な思いをさせてしまった事だ。

忘れるとまでは行かないが、胸にそっとしまい込み、身支度を整え、少し早いが8時半に家を出た。

無論、遅刻をしないためだ。

途中、講義中にお腹がすいてはいけないので、しっかりと朝食を採り、学校に着いたのは9時半。

「3時間10分前、遅刻だなんて言わせないぞ。」

とか気持ちの悪いごたくを並べながら、補講のある教室のすぐ近くにあるイスに腰掛ける。

そこからは日本国憲法の勉強なんかをしながら、時間を潰した。

勉強しながらも、課題への想いからか、どこか上の空。


そのまま1時間ほどが経過した頃、僕はふと思った。


「もしかしたら、皆特別加点課題の事知らないかもしれない」


そう思うや否や、僕は携帯電話を取り出し驚くべき指先のテクニカルな動きに、自分で驚いた。そう、これがコブクロが待っていた指先だ。

高校時代に、「俺、携帯で10分間800文字打てるよ」とかなんとかニコニコしながら言っていた外国人の友達の指先に匹敵する。



『本日午後12時40分までに来たら、特別加点課題があるよ』


友人3人程に溢れ出る善意と共に送信。

「知らなかったらびっくりするだろうなぁ・・フフッ」

なにを考えていたのだろうか、その時僕は「なんか俺、大学生してるっ☆」とか思っていた。

僕の凄まじいメール打ち速度に共鳴されたのか、M君から凄まじい速さで返信が来た。

「教えてくれてありがとう!!!」とか「知ってたけど、その優しさは確かに僕の心に届いたよ。」とか「お礼に、あの講義のノート写させてあげるよ」とか返ってくると期待しながら、慣れた手つきでメールを確認した。









『新着通知アリ』

『受信BOX1件』

『M君 Re:』




「それ昨日だよ(笑)」





その瞬間、僕の握力は完全に奪われ携帯電話がストンと地面に叩きつけられた。

頭の中で何度も繰り返される。

「それ昨日だよそれ昨日だよそれ昨日だよソレキノウダヨソレキノウパポポレピポーパポポレピポーパポ」

頭の中は、この北海道に広がる一面の雪景色のように真っ白だった。

一切の思考が停止し、しばらく間を置き我に返りカレンダーを確認する。


そこには、1と9の数字達がしっかりと肩を並べていた。


こいつらの友情を、ぶち壊してやりたい。本気でそう思った。

紙に19と書いては間にギザギザの線を一本。

無機質な数字達に、友情なんて無いことはわかっていた。

でも、そうすることしかできなかった自分を嘆く。


「い、イクー!!イクーーー!!!!」


気づけば、まだ返信が来ていない二人に、『という情報を昨日送信しようと思いました』と送っていた。




こんな見栄を張ってしまう自分が惨めに思えて仕方がなかった。



19、なんて不吉な数字だろう。


この喪失感というカミヒコーキが、あのくもり空をわたって遠くまで飛んでいけばいいのにな。




9の付く日は自遊空間が半額だよっ☆
PR

今日、学校が終わり、ふと財布の中身を整理してみた。

するとスガイのカードがひょっこり顔を出した。

見ると1300ポイントも溜まってるじゃないですか。

なんかもったいない。


そう思い、今日スガイに行ってきました。


スガイって言うのは、ボーリングだか映画だかゲームだか出来る北海道にあるお店の事。


んで、ススキノで地下鉄を降りて、目の前のスガイへ入店。


そこで思ったのは、1300ポイントをどう使うかって事。

なんでも、映画とボーリングにしか使えないみたいで、映画は1500ポイント無いと見れないらしくて断念。

でも、1人でボーリングなんかした日には自分の中で何かが崩壊しそうなのでこれも断念。

結局もなんも使えないじゃん。

「うわー、このカードつっかえねぇなー」

とか言いながら、よく見てみたら有効期限が1年も過ぎてた。

その瞬間、人差し指と中指でカードを挟み、シュンッって投げてた。



でも、せっかく来たんだから何かしよう。

そう思って、2階にある格闘ゲームをやってみた。

そしたら、なんかコンピュータ相手に3連勝!

俺って強いなぁなんて思ってたら、「ニューチャレンジャー!」とかなんとか、表示が出てきた。

どうも、向かいの席に誰か座ったらしい。

おっ!これがゲーセンのアレか!なんて思いながら、

俺に勝てるとでも思ってんのか的な感じで大きめに「ほぉ」とか言ってみた。

なんか、3連勝してたから、調子乗ってたんですね俺。

あのスティックの持ち方とかもワイングラスを持つように持って、ボタンとかもスパンッスパンッって押してた。

勝った時の言葉「お前が弱いわけじゃない。俺が強いだけだ」が頭の中で反復する中、戦いの火蓋は切って落とされた。



1分後。


「パーフェクト!」

という女性の声がゲームの中から聞こえてきた。

それと同時に、

「ユールーズ!」

という残念そうなおっさんの声も聞こえてきた。

この二つの声がこのように交錯するには、相手にダメージを全く喰らわせる事無く、完膚なきまでに叩きのめされた時だけにもかかわらずだ。


ゲームの音声にここまで罵倒されたのは初めてだ。

わざと手出さなかったんだよ的な感じで「ほぉ」とか言ってたら、ゲームの外からも声が聞こえてきた。




「よわっ!」




俺が弱いわけじゃない、お前が強いだけだ。

昨日、兄が成人式という門出を迎えた。

兄は、成人式実行委員会として司会をしたらしい。

来年は、我らTakasu'sで実行委員会を組織しようと心に決めた。



我らが住まう鷹栖は、人口も少なく穏やかな人間が多い。

無論、成人式は無事に何の滞りも無く終える事ができた。

しかし、毎年騒がれるのが沖縄は那覇市の成人式だ。

今年も荒れに荒れた。

4,5年前に逮捕者を何名も出す事態が起きてから、同中学校区単位でのブロック分けをしたにもかかわらずだ。


同じ若者として、非常に遺憾。

成人式の意義を履き違えた阿呆共。

私が正義の鉄槌を与えてやりたい。

このほとばしる彼らへの怒りの言葉で。





「静かにしたまえ!諸君!」




数分後にはひれ伏してるだろう。





僕が。

脱獄したいなぁ。

あぁ、脱獄したいなぁ。

脱獄したいんだぁ。

「初心忘るべからず」

初心をもって万事取り組むべし、大変良いことわざですね。

もちろん、僕も初心を忘れずに、札幌に出てきた頃のように定期券をうまく買えません。

そんな定期券を使って電車に乗った時の事でした。


時間は午前6時26分。

この時刻に発車する電車の1番前の車両に駆け込み乗車。

車内は、あいにくの満員で、座れる場所など全く無く、運転席すぐ後ろの空間というか、タラップに立つ。

そして、何事も無くドアが閉まり、電車が動き出そうとした瞬間。





「しゅっぱぁぁぁつ!!しんこおおお!!!!

とかなんとか、物凄い怒声でわめき散らす運転手。

普通の運転手は、手で計器を指差し、そこから前方を指すのみで、声なんてあげません。けれど、この運転手は怒号を付け加えて良しとする。

うっさいのなんのって、怒られてるのかと思った。

もちろん、お客さんもどん引きで、なんか女子高生もヒソヒソ話で「うっさくね?」とか言ってる。

結構独り言が得意な方なんで、僕も「うっさ!(笑)」とか言ってる。

でも、たまにはこうゆう刺激も良いもので、すっかり目も覚めた。

心なしか、一緒に乗ってきた乗客もそんな表情のように見て取れた。



ところが、

先に乗っていた乗客は表情が違うんですね。

昔、高校帰りに、雨の中を傘の柄だけ持って歩く僕を、豚でも見るかのように見ていた女子高生のような表情で運転手側を見てる。

おいおい、それはあんまりじゃないか。その表情は性犯罪者にだけ向けてくれと思い、もちろん心の中でですが、「お前等!運転手さんだって頑張ってるんだよ!早朝から電車の運転。運転。運手。大声だって出したくなるよ!」と言ってやりました。

その次の瞬間でした。


どうも、電車っていうものは、発車に際し、出発ポイントだとか言う摩訶不思議なポイントを用意しているみたいで、




「第1出発ポイント通過!しゅっぱぁぁぁつ!!しんこおおお!!!!


「第2出発ポイント通過!しゅっぱぁぁぁつ!!しんこおおお!!!!


「第3出発ポイント通過!しゅっぱぁぁぁつ!!しんこおおお!!!!


などと、早朝から頭がぶっ飛んでる運転手がそこにはいました。

終点についた後にさえ、さながら発声練習のように。



「ん゙っん゙っ、しゅっぱ、しゅっぱぁぁぁつ!!しんこおおお!!!!

とか言ってました。

声を出すのは、良い事かもしれません。けれど、際限というものも存在します。みたいな事をそっと目で訴えましたが、きっとその目は性犯罪者を見る時の目だったんだろうなと今では思います。


「初心忘るべからず」

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

☆ランキング参加中☆

     ★☆1日1回クリックしてね☆★

リンク集

バナー置き場


200×40


バナー
88×31

最新CM

プロフィール

HN:
総統
年齢:
29
性別:
男性
誕生日:
1988/02/09
職業:
大学生
趣味:
ネットサーフィン
自己紹介:
。゚( ゚^ω^゚)゚。ブヒャヒャヒャ

バーコード

ブログ内検索

カウンター

アクセス解析

フリーエリア

忍者ブログ [PR]
Copyright(c) 総統. All rights reserved.
Powered by 忍者blog
Template Designed by miu_uim