忍者ブログ

総統日記

私総統は、日記に憧れました。 題して、総統日記。 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


本日の曜日は、水。

講義をとっていない水曜日は、幸いのオフ。

しかし、今日は大学で講演会があるとの情報が、情報屋から入った。

なんでも、あの大学の学長さんがお越しになるらしい。

行くっきゃない行くっきゃない行くっきゃない。

真面目一徹な僕は、「講演会」と聞くと心が躍る。

おそらく脳内麻薬が分泌し、興奮状態にさせられてるのだろう。






アイリッシュ・ダンスばりの軽やかなステップで駅まで向かった。

なんて楽しいんだろう。

ステップもついつい早まる。



どんどん早まる。



いつしか全力疾走に移行していた。

モモはしっかり上がっていたし、腕の振りも問題無かった。


けれど、緑のラインをあしらった普通電車は僕の目の前から走り去った。




徒歩12分の距離を、毎日必ず7分前に出てしまう自分。

無論、悪いのは自分だ。

家を出る寸前の5分というのは、果てしなく短く感じる。

ちょっと靴下が見つからなかっただけで過ぎ去る程儚い。




結局、駅から地下鉄まで全力疾走させられた。




大学に着いたころには、外も暗くなり始めていた。


暗がりの中、講演会のある教室へと向かう。

教室に入り、左前から3番目などと随分アグレッシブな席につく。

着席と同時に、始まったようだ。

軽快な司会者が、あの大学の学長さんを紹介する。

「えぇ、今回はですね」

「○○の社長さんの講演を予定しておりましたが」

あの有名チェーン店の社長が来る予定だったみたいだ。

「急遽、外せない用事のためにッピンツィヒッタッとして・・」

英語部分の発音に感心しながら、しばし耳をかたむけていた。

「それでは、紹介もこのへんで講演に移りましょう」

この言葉とともに、学長さんが重い腰を上げる。


この学長さんの講義は、とても聞き取りやすい日本語で、わかりやすい。

良い講義に参加できた事に感動しながら、真剣に聞いていた。





10分くらい経った頃。

一人の女性が右斜め前の席に座った。

まず目に入ったのが膝上何センチだろうか、かなりのミニスカート。

スッと席に座り講義を食い入るように見つめていた。

僕も、一瞬気になりはしたがすぐに講義に集中した。



まぁ、僕は左前に座っているという事は前記したとおりだ。

そうなると、講義を聴く姿勢は必然的に右斜め前に向かうわけだ。

すると右斜め前に座ったミニスカが視界に入る。

特に気にかけていたわけではないが、視界には入ってくる。


5分くらいは講義に集中し、パソコンなどを打ちながら聞いていた。

重要であろう語句を打ち込み、ふと顔を学長に向けた時だった。



ミニスカが視界の端っこでこっちを睨んでいる。


もう恐怖以外の何者でも無い。

「なにあたしの足じろじろ見てんのよ!くたばれこのオタクが!!」

なんて罵られかねないほどの形相で睨んできていた。

もし僕が子リスだったら卒倒しかねない程の鬼の形相だ。


そんな恐怖の視姦にびくつきながらも、講義には集中していた。

途中目をそらす場面もあったが、終始こちらを睨む鬼。

何が彼女をそのような行いに駆り立てるのだろうか。


「戦争を知らない人口の方が圧倒的にムァジョリティーなんですね。」

学長さんまでも、さっきの司会者ばりの発音の良さを披露する。

だが、もうそんな事はどうでもよかった。



10分近くも女性に睨まれるなんて初めてだ。

しかも、僕は何もしていない。何の非も無い。

しかも、ミニスカートだ。

いつしか講義を二の次に、日記でも書こうと、ワードを開いていた。


よし、今の出来事を書こう。


『今日は講演会の日、女性に睨まれている。』

そう書いた時だった。

視界の端っこで、彼女の鬼の形相が尊敬の眼差しに変わった。

それを見逃すはずが無かった。


文字を早く打てば、あんなつぶらな眼差しをしてくれるのだろうか。

試しに、

『jのいあdしょいjhじゃおじおvfjdvfだ』

とひたすらに打ってみた。


よし、きた。


彼女の表情、それはそれはつぶらなものだった。

完全に調子に乗った僕。

打ってるぞアピールとして、キーボードを強く叩き、音を強調した。



・・・よし、きた。


彼女の表情は、尊敬と驚きをミックスした恍惚なものへと変わっていた。

もう完全に講義などそっちのけだ。

いかに格好良くキーボードを打てるか。

それだけに終始没頭していた。



しばらくが経過。

両手クロス打ちを披露して、エンターを押した直後だった。


「うっさくね?」「んだねー」


小さな会話が聞こえてきた。

内心、ビクッとした。

確かに、あまりに夢中になりすぎて、かなりのタイプ音を轟かせていた。


ただ、まだ僕と決まったわけではない。

それを探るために手を止め、しばらく耳を澄ませていた。

それと同時に、「両手クロス打ちは無かった」などと後悔もしておいた。



「・・止まった?」「んだねー」


間違いなく僕だった。

八神月を監視しても、殺人は止まらなかった。

けれど、小声で一言添えるだけで、僕のタッチは止まる。

もう、パソコンを触る事さえもできなくなっていた。



これ以上続けたら、

「てめぇ!うぜぇんだよ!このオタクが!くたばれ!!」「んだねー」

体が勝手に死を選んでしまう程の言葉を浴びせられそうだ。




・・・・でも、待て。


ここでやめたら、右斜め前のミニスカの顔が鬼になるのでは・・・。


でも、目の前は二人組・・・。


でも、鬼に・・・。


それによく見ると、目の前の二人もミニスカートだ・・・。


よく見るってそういう意味じゃなくて・・・。






極限の葛藤。

僕が選んだ結論は、机に突っ伏して寝る事だった。

周りの全てから、自分を隔離した。

もちろん講義すら聞こえない閉鎖空間。

大事な講義は終わり、起き上がる頃には3人共消えていた。





帰りの地下鉄駅。

「もうミニスカートなんて大嫌いだ。」

そんな事を考えながら、セーラー服についつい目がいってしまう僕がいた。
PR

「そういえば、昨日のあいのりに痛い女の子出てたな」



前日の夜更かしがたたり、今日は朝からの倦怠感。

こんな日に限って、英語の講義が燦然とそびえ立つ。



眠い目をこすり、朝ごはんを食べる。

倦怠感はあるが、なんだかすがすがしい朝だった。

そんなすがすがしさを切り裂くように、あることを思い出す。



・・・・・・・・・・・・宿題。

まさに青天の霹靂。


思い浮かんだ瞬間、光の速さで忘れようとも思った。

が、そういうわけにもいかなかった。



宿題をやっていない。

英語で言うとホームワークアサイメントだろうか。

もう前日までは、記憶の片隅にも無かったように遊び狂っていた。

遊び狂うと言っても、もっぱらのネットサーフィンだ。

もうそろそろ肌が小麦色に焼けてもいいくらいのサーファーっぷり。



今回の宿題は比較的簡単なものだったが、それでも30分はかかる。

幸い、家を出る時間9時半まではちょうど1時間。

宿題をやってから出かけよう。

右手にシャープペンシルを握った。










どれくらい経っただろうか。

ふと気づくと、僕は床に突っ伏していた。

寝ていたのだろうか。

「あぁ・・・・もう9時25分か。」

出かける時間が迫っていた。

・・・支度は出来ている。

すぐに出発し、駅までの道のりを全力疾走する。



右手にはシャープペンシルがしっかりと握られていた。

任天堂DS Lite


ちょうど3週間程前、僕はトイザらスにいた。

流行の任天堂DS Liteを購入するためだ。


知ってのとおり、このハードは大変人気がある。

当然、どこの店も品切れでそうそう買えるものではない。

一緒にポケットモンスターを買おうものならなおさらだ。


そんなこれらの商品が、限定販売と銘打ち売られていると情報が入った。

その店こそがトイザらスだ。




・・・前日にS君宅に泊まった僕は、疲労困憊だった。

だが、トイザらスの開店時間は10時、30分前には到着したい。

眠い目をこすり、S君を起こし9時前に雨が降りしきる中、出発。


身体は濡れたが、9時半に着くことができた。


ひぃ、ふぅ、みぃ、よぉ、いつ、むぅ・・・。

30分前の現在、すでに50人程並んでいただろうか。

ついつい古風な物の数え方をしてしまったが、たった50人だ。

・・・これなら買える。

「今から、整理券をお配りします!無くされた方は買えません」

肥えた店員に整理券を受け取り、開店時間まで待つ。

その間に、後ろにも20名程並んでいた。

どちらにせよ買えただろうと、S君とちちくり合いながら待った。


10:00 客が店内になだれ込む。

その波に流され、僕らも入店。


なんなく、任天堂DSとポケットモンスターをゲットした。

入店後1時間経っても、未だに二つとも健在だったという事は、割愛。



こうして、苦労の末手に入れた任天堂DSとポケットモンスター。




・・・これらを今日、売りに行った。


ヤフオクで売るという手もあったが、店に売りに行く事にした。

第一、IDも無いし経験も無い。

それに、いまいち理解もできていない現状だ。


まぁ、そんなこんなでいくつか店を回ることにした。



最初の店は、個人経営であろうリサイクルショップ。

入店し、すぐに素敵な無精ひげを蓄えたおっさん店員に話しかける。


「あの・・、DSとポケモン売りたいんですけど」

「・・・・・・・・はい、ちょっと待ってくください。」

目が合っているのに、妙な間があいた。

大仏にでも話しかけたのかと錯覚すらした。

「あ、はい。」

「えぇー、本体が13000でソフトが3200だね。状態にもよるけど」

そう言いながら、電卓で二つの数字を足し、その結果を見せられた。

馬鹿にしているのだろうか。

その程度の計算くらい、小2の頃に習得済みだ。


「そうですかぁ・・・」


ヤフオクだと開封済みでも、二つで2万以上。

さすが、ネットオークション、やむなしとは思ったが、安い・・・。

その場でぶん殴って、「もっとよこせや!」と一喝する手もあるが、少し

探りを入れてみることにした。


「あの・・・、ちなみにGEOさんなんかはどれくらいだったりします?」



そう言うと、ヒゲの表情が急に険しくブサイクになった。

おそらくGEOというフレーズに並々ならぬ思い入れでもあるのだろう。

・・・まさか、GEOをライバル視でもしているのだろうか。

まったくもって分不相応。

なら、俺は速水もこみちをライバル視でもしようか。



「・・・・・・・・・まぁ、どこも同じだろうと思うよ。」


相変わらずの大仏っぷりで口をひらく男爵。

本当、鼻につくヒゲだこいつは。

それでも、高くかってほしい一心で食い下がる。


「状態見てもらっていいですか?」


懇親のスマイルで聞く。


「・・ぁぁん」


このヒゲは・・・、どちくしょう。

その無様なヒゲを全てむしりとってやろうか!などと思ったが、やめた。

ヒゲを触るのすら遺憾だ。

むしりとってる間の、「えいっ!」「いてっ」「えいっ!」「いてっ」

これ。

むしろ仲良しなんじゃねーかと思わせるようなやり取り。

こんな応酬を繰り広げるくらいなら、自分の鼻毛でも引っこ抜こう。

そんな事を考えながら、出ていた鼻毛を奥に入れた。

それに応じてか、ヒゲは鼻くそをほじりながら言う。


「あぁ、開封してんのか。本体1000円引きソフト500円引きになるねぇ」


「えぇぇ、じゃあ1万・・・4700円ってことですよね・・」


「そうなるねぇ。計算速いねぇ」


そんなのは小4の頃に習得済みだ。


「あの・・、一応GEOさんの方にも行ってみてもいいですかねぇ・・」


「まぁ、言うまでも無く一緒だと思うけどね」


ヒゲの口調が徐々に強まり出す。

落としにかかってきたのだろうか。

その口調にひるみながらも、


「で、出来るだけ高く売りたいんもんで・・・」


もう、すでに引きつったスマイルで言う。


「うん、いいよ。言うまでも無く変わらないと思うけどね。」


なぜ、このヒゲの許可をとらなければならなかったのかと悔やむ。

なぜ、「言うまでも無く」というフレーズを多用する。

「なら、言うなよ」というささやかな突っ込みを胸に秘め、店を出た。

店員とお客様、絶対的な主従関係が成り立っている空間。

オキャクサマハカミサマ




自転車で5分の距離にGEOはあった。

入店し、すぐ横にある買取カウンターへと急ぐ。

「ゲーム売りたいんですけど」

「はい^^少々お待ちください!^^」

対応したのは若い女性の方だった。

「多少お時間がかかりますので、5番の番号札でお待ちください^^」

まったくもって良い笑顔。

無論、ヒゲなんて生えていないし、鼻くそだってしっかりほじってある。


程なく、良い声で

「5番の方ぁ!レジへお越しください^^」

さっきの僕のスマイルを彷彿させる素敵なスマイルでの接客。

こうゆう雇用者が日本を良くするのだろうなと感傷に浸る。

もう、いくらでも売ってやろう。そんな気さえした。




「2点で18300円になりますが、よろしかったでしょうか?^^」

言うまでも無く、あのヒゲをむしりとるイメージが脳裏に浮かぶ。

もちろん僕は懇親のスマイル。

コンビニエンスストア、便利なお店。


ふと、コンビニに行きたくなることがある。

何か欲しいわけでもなく、週刊誌の発売日というわけでもない。

けれど、ふと行きたくなる。

今日もそんな日だった。



夜10時、いつものようにネットサーフィンに耽りながら、ふと思う。

行きたいなぁ、でも面倒臭いなぁ。

長い人生で何の意味も成さないであろうこの葛藤を小1時間繰り返した。



行きたすなぁ、めんどすなぁ、でも行きたす!!

結論、行く。

1時間迷った末の答えだ。


サイフをポケットに押し込み、靴を履く。



よし、アイスを買ってこよう。

その前にコンビニに行ってくる事を父親に報告しなければ。

アイス買ってくる。

コンビニ行ってくる。

アイス買ってくる。

コンビニ行ってくる。

頭の中で反復する。




父が言った。

「どっか行くんか?」



不意をつく先制攻撃に焦ったのだろうか。

僕の口から惜しい言葉が飛び出した。











「ちょっとコンビニ買ってくる。」

高い買い物になりそうだ。

宿題しなきゃならない。

なんか、宿題の量も増えた。

ミッチー恐るべし。


カレンダー

07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

☆ランキング参加中☆

     ★☆1日1回クリックしてね☆★

リンク集

バナー置き場


200×40


バナー
88×31

最新CM

プロフィール

HN:
総統
年齢:
30
性別:
男性
誕生日:
1988/02/09
職業:
大学生
趣味:
ネットサーフィン
自己紹介:
。゚( ゚^ω^゚)゚。ブヒャヒャヒャ

バーコード

ブログ内検索

カウンター

アクセス解析

フリーエリア

忍者ブログ [PR]
Copyright(c) 総統. All rights reserved.
Powered by 忍者blog
Template Designed by miu_uim