忍者ブログ

総統日記

私総統は、日記に憧れました。 題して、総統日記。 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


本日の曜日は、水。

講義をとっていない水曜日は、幸いのオフ。

しかし、今日は大学で講演会があるとの情報が、情報屋から入った。

なんでも、あの大学の学長さんがお越しになるらしい。

行くっきゃない行くっきゃない行くっきゃない。

真面目一徹な僕は、「講演会」と聞くと心が躍る。

おそらく脳内麻薬が分泌し、興奮状態にさせられてるのだろう。






アイリッシュ・ダンスばりの軽やかなステップで駅まで向かった。

なんて楽しいんだろう。

ステップもついつい早まる。



どんどん早まる。



いつしか全力疾走に移行していた。

モモはしっかり上がっていたし、腕の振りも問題無かった。


けれど、緑のラインをあしらった普通電車は僕の目の前から走り去った。




徒歩12分の距離を、毎日必ず7分前に出てしまう自分。

無論、悪いのは自分だ。

家を出る寸前の5分というのは、果てしなく短く感じる。

ちょっと靴下が見つからなかっただけで過ぎ去る程儚い。




結局、駅から地下鉄まで全力疾走させられた。




大学に着いたころには、外も暗くなり始めていた。


暗がりの中、講演会のある教室へと向かう。

教室に入り、左前から3番目などと随分アグレッシブな席につく。

着席と同時に、始まったようだ。

軽快な司会者が、あの大学の学長さんを紹介する。

「えぇ、今回はですね」

「○○の社長さんの講演を予定しておりましたが」

あの有名チェーン店の社長が来る予定だったみたいだ。

「急遽、外せない用事のためにッピンツィヒッタッとして・・」

英語部分の発音に感心しながら、しばし耳をかたむけていた。

「それでは、紹介もこのへんで講演に移りましょう」

この言葉とともに、学長さんが重い腰を上げる。


この学長さんの講義は、とても聞き取りやすい日本語で、わかりやすい。

良い講義に参加できた事に感動しながら、真剣に聞いていた。





10分くらい経った頃。

一人の女性が右斜め前の席に座った。

まず目に入ったのが膝上何センチだろうか、かなりのミニスカート。

スッと席に座り講義を食い入るように見つめていた。

僕も、一瞬気になりはしたがすぐに講義に集中した。



まぁ、僕は左前に座っているという事は前記したとおりだ。

そうなると、講義を聴く姿勢は必然的に右斜め前に向かうわけだ。

すると右斜め前に座ったミニスカが視界に入る。

特に気にかけていたわけではないが、視界には入ってくる。


5分くらいは講義に集中し、パソコンなどを打ちながら聞いていた。

重要であろう語句を打ち込み、ふと顔を学長に向けた時だった。



ミニスカが視界の端っこでこっちを睨んでいる。


もう恐怖以外の何者でも無い。

「なにあたしの足じろじろ見てんのよ!くたばれこのオタクが!!」

なんて罵られかねないほどの形相で睨んできていた。

もし僕が子リスだったら卒倒しかねない程の鬼の形相だ。


そんな恐怖の視姦にびくつきながらも、講義には集中していた。

途中目をそらす場面もあったが、終始こちらを睨む鬼。

何が彼女をそのような行いに駆り立てるのだろうか。


「戦争を知らない人口の方が圧倒的にムァジョリティーなんですね。」

学長さんまでも、さっきの司会者ばりの発音の良さを披露する。

だが、もうそんな事はどうでもよかった。



10分近くも女性に睨まれるなんて初めてだ。

しかも、僕は何もしていない。何の非も無い。

しかも、ミニスカートだ。

いつしか講義を二の次に、日記でも書こうと、ワードを開いていた。


よし、今の出来事を書こう。


『今日は講演会の日、女性に睨まれている。』

そう書いた時だった。

視界の端っこで、彼女の鬼の形相が尊敬の眼差しに変わった。

それを見逃すはずが無かった。


文字を早く打てば、あんなつぶらな眼差しをしてくれるのだろうか。

試しに、

『jのいあdしょいjhじゃおじおvfjdvfだ』

とひたすらに打ってみた。


よし、きた。


彼女の表情、それはそれはつぶらなものだった。

完全に調子に乗った僕。

打ってるぞアピールとして、キーボードを強く叩き、音を強調した。



・・・よし、きた。


彼女の表情は、尊敬と驚きをミックスした恍惚なものへと変わっていた。

もう完全に講義などそっちのけだ。

いかに格好良くキーボードを打てるか。

それだけに終始没頭していた。



しばらくが経過。

両手クロス打ちを披露して、エンターを押した直後だった。


「うっさくね?」「んだねー」


小さな会話が聞こえてきた。

内心、ビクッとした。

確かに、あまりに夢中になりすぎて、かなりのタイプ音を轟かせていた。


ただ、まだ僕と決まったわけではない。

それを探るために手を止め、しばらく耳を澄ませていた。

それと同時に、「両手クロス打ちは無かった」などと後悔もしておいた。



「・・止まった?」「んだねー」


間違いなく僕だった。

八神月を監視しても、殺人は止まらなかった。

けれど、小声で一言添えるだけで、僕のタッチは止まる。

もう、パソコンを触る事さえもできなくなっていた。



これ以上続けたら、

「てめぇ!うぜぇんだよ!このオタクが!くたばれ!!」「んだねー」

体が勝手に死を選んでしまう程の言葉を浴びせられそうだ。




・・・・でも、待て。


ここでやめたら、右斜め前のミニスカの顔が鬼になるのでは・・・。


でも、目の前は二人組・・・。


でも、鬼に・・・。


それによく見ると、目の前の二人もミニスカートだ・・・。


よく見るってそういう意味じゃなくて・・・。






極限の葛藤。

僕が選んだ結論は、机に突っ伏して寝る事だった。

周りの全てから、自分を隔離した。

もちろん講義すら聞こえない閉鎖空間。

大事な講義は終わり、起き上がる頃には3人共消えていた。





帰りの地下鉄駅。

「もうミニスカートなんて大嫌いだ。」

そんな事を考えながら、セーラー服についつい目がいってしまう僕がいた。
PR

名 前
メール
URL
題 名
文字色 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
手 紙
合言葉
 

▼ 無題

相手は女子高生か!?法にふれるなよ
92d7bac68b しど || 2006年 11月 04日 土曜日 || 編集

▼ 無題

なんていやらしい目つきだ!
99d27030e8 ももこ || URL || 2006年 11月 04日 土曜日 || 編集
TBURL
記事URL

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

☆ランキング参加中☆

     ★☆1日1回クリックしてね☆★

リンク集

バナー置き場


200×40


バナー
88×31

最新CM

プロフィール

HN:
総統
年齢:
29
性別:
男性
誕生日:
1988/02/09
職業:
大学生
趣味:
ネットサーフィン
自己紹介:
。゚( ゚^ω^゚)゚。ブヒャヒャヒャ

バーコード

ブログ内検索

カウンター

アクセス解析

フリーエリア

忍者ブログ [PR]
Copyright(c) 総統. All rights reserved.
Powered by 忍者blog
Template Designed by miu_uim