忍者ブログ

総統日記

私総統は、日記に憧れました。 題して、総統日記。 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


「お疲れ様です」などと丁寧な事を口にする人がよくいる。



「お疲れ様です」いざ言う場面となると、なかなか言えない自分。

中学校の部活終わりに、先輩が、

「おっつかれぇ~」

と言った機を利用し、言ってやろう!と思ったが、




「あぁざーっす!」



見当違いの回答をしてしまった。



高校では、部活に入らず上下関係が余り無かった。

そんなこんなで、僕はまとも「お疲れ様です」を言えない人間だ。




この日、僕は自転車に乗っていた。


S君と遊んだ後、駅からゲオに向かっている途中だった。

昨日借りたCDを返すために、ひたすらこいでいた。

時間は夜10時半、それなりに急ぐ必要がある時間帯。

そんな時に信号に多くひっかかる。


「あぁ、もう!!」


と苛立ちを露呈していた。


その時だった。


パトカーが1台目の前で停車し、中から3人の警官が降りてきた。



警「あぁ、ちょっといいかい?」



威圧的な口ぶりで声をかけてきたリーダー格。



僕「あ、いいっすよ。」


爽やかを装う僕。


警「今ねぇ、盗難多いから確認させてもらうねぇ」

僕「あぁ、そうなんすかぁ」

警「これ、誰の名義?」

僕「うちの兄の自転車です。」

警「名前は?」

僕「○○○(総統兄本名)です。」


おもむろに無線を取り出し、


警「番号○○○○○、名義○○○、調べて。ごめんねぇ」


なんだか、すごい晒し者だったように思う。

周りから、「あいつなにしたんだよ」みたいな目で見られてる気がした。

「僕がやりました。すいません・・・」

そんなオーラで肩身が狭い感じで立っていた僕。

すると、それを察してか、婦警が優しく切り出した。


婦警「寒くない?大丈夫?」


婦警と話すなんて初めてだったので、もう興奮。


僕「大丈夫です!」


若干、大丈夫じゃなかったがなぜか無駄に強気な返答をした。

婦警、ふぅー!



そんな歪んだ性欲より、ここでふとある事を思いついた。

こんな夜中にパトロールをする警察官が目の前に3人もいる。

ここで「お疲れ様」を言わずにいつ言うんだ!

そう、突然奮い立った。

・・・言ってやる!

「殺してやる!」みたいな口ぶりで「お疲れ様って言ってやる!」

意義は少し違ってきたが、とにかく言ってやる。





警「OK,名義は○○○(総統父)になってたけど、お父さん?」

僕「はい、そうです。」

警「はい、わかりました。」

警「じゃあ、ご協力ありがとうございました。早く帰るんだよ。」




今だ!

ここで、長年の野望を言ってやるんだ!!

でも、あれ、ずっと威圧的だったのに最後に「だよ」とか優しいな。

いや、そんなことよりもお疲れ様って言わないと!!

でも、「だよ」って・・・。

うるさい!お疲れ様だ!!!




























僕「はい。お疲れ様だよ。」




婦警「プッ」
PR

名 前
メール
URL
題 名
文字色 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
手 紙
合言葉
 
TBURL
記事URL

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

☆ランキング参加中☆

     ★☆1日1回クリックしてね☆★

リンク集

バナー置き場


200×40


バナー
88×31

最新CM

プロフィール

HN:
総統
年齢:
29
性別:
男性
誕生日:
1988/02/09
職業:
大学生
趣味:
ネットサーフィン
自己紹介:
。゚( ゚^ω^゚)゚。ブヒャヒャヒャ

バーコード

ブログ内検索

カウンター

アクセス解析

フリーエリア

忍者ブログ [PR]
Copyright(c) 総統. All rights reserved.
Powered by 忍者blog
Template Designed by miu_uim